競売物件の入手法

競売と書いてどのように読むかご存知でしょうか。これは「けいばい」と読みますが、場合によっては「きょうばい」という読み方をすることもあります。街中の土地や不動産などに競売物件と掲げられている状態を目にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。

まず競売物件とは、競売にかけられた土地や建物のことをさし、競売物件は同様の不動産が一般に販売された場合よりも安く入手できると言われます。このメリットがあることから、競売物件はこれまで不動産会社が入札落札し購入することが多いものでしたが、近年では一般の個人からの入札も増えてきました。

そして、不動産の価格のほか諸費用が既に含まれているなどのメリットがあります。その反面、占有者の立ち退きや不具合があった場合の修理は買主の負担になるなど、デメリットも押さえた上で競売物件の落札を検討しましょう。当然ですが、全く知識や経験のないまま一般個人が競売物件を入札し落札することは難しく、あらかじめ一通り知識を学んでおくことをおすすめします。

ですが、経験を積むことは難しいため、競売代行サービスを利用してどうしても手に入れたい物件の落札を目指す方法もあります。代行サービスでは競売に関するあらゆる手続きや行為もサポートしているため、入手まで安心して手続きが進められることも大きなメリットでしょう。

当サイトでは競売物件を落札し買主もなる方法やメリットとデメリット、競売代行サービスの詳細を説明しています。これから競売物件の入手を目指している方の参考になれば嬉しいです。


≪管理人推奨リンクはこちら≫
競売物件に出される不動産は、一戸建て住宅からマンションまで様々です。きちんと内見して吟味したいと考えている人は、まずはハウスメーカーの一戸建て住宅を見学してみると良いでしょう >> 一戸建て住宅